間に合った!かけこみでふるさと納税に初挑戦♩

気になりつつも、やったことがなかったふるさと納税。

ふるさと納税。

かなりお得ということで、されている方も多いのではないでしょうか。

私の会社でも、ようやく去年、ブーム?が来て、突然多くの人がやり始めました。

1人がやり始めて、他の人に「良いよー!」と広めた感じですかね?

しかし、私はその波に乗り切れず・・・。

今年こそ!と思っていたのですが、控除限度額をシミュレーションしようとしても、育休中で今年の年収がよく分からない・・・というところで止まってしまい、進んでいませんでした。

いや、大雑把な金額でシミュレーションをするとか、いくらでも方法はあると思うのですが、結局は「よく分からない」ので止まってしまっていた感じですかね。初めてのことって、苦手💦

しかし、気づけばもう年末。

忙しいし、今年も無理か・・・と諦めていたのですが、先日遊びにきてくれた友人が「サイトで商品を選んで、自分名義のカードで購入して、ワンストップ特例を利用するにチェックを入れて、自治体に申請書とマイナンバー等を送るだけだよー」と教えてくれました。

「とりあえず、1万円くらいやってみたら?」と。

えー何それ。超簡単!

経験者の話を聞くのが一番分かりやすいですねー。

というわけで、友人のおかげで、かけこみで挑戦してみることにしました。

利用したサイト、選んだもの、手続きなど

利用したサイトは、「さとふる」です。友人もそのサイトを利用したというので、真似をして・・・。楽天などでもできるそうですけどね。

さとふる

選んだ商品は、山形県新庄市のお米(15キロ)です。寄付金額は1万円。

 www.satofull.jp 
平成30年産 山形県産 はえぬき 精米 15kg(5kg×3袋)
https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=1059204
米どころ山形を代表する「はえぬき」を是非ご賞味ください。

お米は贅沢品ではなく、生活必需品!

生活必需品を実質2,000円だけでゲットできるなんて、とっても経済的!

最初からお米にしようと決めていたので、3分で決まりました。

その後の手続きは、友人の説明どおり、さとふるに会員登録して、自分名義のカードで購入して、ワンストップ特例申請書を印刷。

申請書は、自分の住所・氏名、寄付金額等が入力された状態のものが印刷されたので、必要事項を記入・押印。

それに、マイナンバー通知と運転免許証のコピーを添えて、新庄市あてに発送。

それだけでした!超簡単♩

(ちなみに、ワンストップ特例制度を利用するには、寄付を行った年の所得について確定申告をする必要が無いこと、1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの2つの条件を満たす必要があります。医療費控除の確定申告などをする場合は、ふるさと納税分も含めて確定申告しないといけないので要注意。)

ちなみに、ワンストップ特例申請書等は、1/10(水)必着だそうです。

今年中に寄付して、書類を1/10(水)までに届くように送れば良いので、まだギリギリ間に合うみたいですよ。夫にも、勧めています。

駆け込みで初挑戦できた ふるさと納税♩

教えてくれた友人には本当に感謝です。

ブログ3周年が、ふるさと納税の記事でした。笑

ちなみに、ふるさと納税の普及率は、2017年頃のデータだと10%程度だというです。

私みたいに、お得なのは分かるけどやり方がよく分からない・・・という人たちがたくさんいるんだろうな、と思います。

今後返礼品が見直されて、お得感がなくなってしまったら残念ですねー。でも、少しでもお得なら来年以降も続けたいな〜と思います。

ところで、ここ最近、息子が夜中に起きまくりで夜も起きてられず、朝も起きられない状態が続いていたのですが、ひさしぶりに朝に起きられたのでブログを更新してみましたー。

夜泣きが2回までなら、何とかなりますね。3回以上になるとキツい・・・。

皆様も、年末お忙しいと思いますが、お体には気をつけてお過ごしくださいね。

お読みいただき、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です