【共働き】ワーママ(小さい子どもあり)の夕食づくり乗り切り術!我が家の工夫をご紹介。

f:id:popopopopotato:20170728055107p:plain

こんにちは。

私は、子どもが1歳のときに育休から復職し、現在フルタイムで働いています。

最初の半年は、子どもに手がかかる上に、私自身も生活リズムを作ることができず、ご飯作りにかなり苦労をしました。

しかし、試行錯誤を経て、今ではあまり時間・労力をかけずに料理の準備ができるようになりました。

この記事では、我が家の場合は、日々の夕食づくりをどのように乗り切っているか(やっていくうちに発見したコツや工夫など)についてご紹介します。

何かしら参考になる部分が少しでもあれば幸いですm(._.)m

なお、子どもにもっと手がかからなくなったらやり方も少々変わってくると思いますので、タイトルに「小さい子どもあり」とつけさせていただいています。

【追記】共働き応援企画、時短を意識した1週間献立の実例記事や、超時短したい方向けの献立のパターンに関する記事も最後に掲載していますので、ご興味のある方はそちらも合わせて読んでいただけると嬉しいです!

<我が家の夕食づくり乗り切り術〜段取りやコツ・工夫について>

平日5日分の献立をざっくりと考える

まずは、平日の献立をザックリと考えるところから始まります。

とはいっても、金曜日はカレーかハヤシライスかシチューと決めているので、考えるのはたったの4日分です。

土日は、余り物食材で適当に作ったり、鍋シーズンは鍋にしたり、買ってきたりして対応します。

月曜日は煮物、火曜日は魚・・・など、ある程度パターンを決めておくと楽です。

【関連記事】

★その後、献立のパターンを整理しました。

★超時短したい方向けの献立のパターンはこちらです。この記事は具体的で分かりやすいと思います↓

買い物は生協&週末のまとめ買いのみ!

買い物は、生協(木曜日)と、週末の二回のみです。

生協では、毎週必ず必要な食材を注文しておきます。そして、足りないものを土日にスーパーでまとめ買いします。

足りない物があるときは、主にコンビニを利用します(コンビニで買えるものなら)。

平日にわざわざスーパーに寄るのはタイムロスだし、無駄な出費にもつながりますので。

日曜日は手抜きをするかわりに、翌週の下準備をする(余裕があれば)

以前は、日曜日は鍋等にして手抜きをするかわりに、月曜日以降の野菜を切れる分だけ切ったり、常備菜を作ったりしていました。

ただ、最近は、副菜・汁物は使い回す、主菜が野菜多めの日は副菜なしなど、日曜日の下準備をしなくて済むような献立を心がけるようにしたので、下準備はあまりしなくなりましたね。

ただ、今後も余裕がある休日は下準備も少ししようかなと思っています。平日がすごく楽になりますので。

常備菜の例としては、ポテトサラダやマカロニサラダ、ひじきの煮物や切干し大根の煮物、きんぴら牛蒡などですね。たくさん作って、2日間続けて出したりします。

日曜日に出した副菜を月曜日や火曜日にも出す、といったイメージです。

★関連記事

朝や夜にある程度作っておく(余裕があれば)

子どもが小さいと、落ち着いて待っていてくれず、帰宅してから調理するのはなかなか大変です。

そこで、私の場合は、娘が1歳半以降、毎日早朝に夕食づくりをしていました。

余裕がある方は、夜や朝に下準備等をしておくと帰宅後スムーズに夕食準備ができるので良いと思います。

【追記】

子どもが2歳半を過ぎると、主菜は帰宅後に作れる日が多くなりました!

下準備を頑張っていた頃もあったのですが、最近は下準備をしないで調理ができる料理を提供するよう心がけています。

副菜は手抜きをするか、省略する

以前は副菜づくりも頑張っていたのですが、その後やり方を改めて、副菜は手抜きをするか省略するかで時間をかけないようにしました。

手抜きの仕方としては、冷奴・湯豆腐やキュウリ・トマトの中華和え、レタスのサラダなど、切るだけで済む副菜や、カボチャサラダや焼きなすなどレンジでチンするだけで済む副菜を活用する、買ってきた副菜を出すといった方法があります。

また、主菜が野菜多めの日は、副菜は省略することも多いですよ。

切っただけの副菜の例↓(野菜が多めのおかずの日は、副菜は適当で!)

おかずは、焼くだけ・温めるだけの商品を活用する

例えば生協では、レンジで温めるだけのおかずや、フライパンで炒めたり焼いたり揚げたりするだけのおかずが多数取り扱いされています。
そういったお助け商品を活用すれば、かなり楽になると思います。

我が家は生協を活用していますが、スーパーでもそういった商品は売られていると思います。

作りたくない日のために、温めるだけのアイテムも冷凍ストックしておくと良いですね。我が家は、生協の温めるだけの丼ものや温めるだけの麺類なんかも常備し、活用していますよ。

生協で買った、切った野菜を入れて炒めるだけのおかずです↓

汁物は具沢山にし、2日分をまとめて作る

試行錯誤を経て、汁物は2日分まとめて作るようになりました!

汁物を作らない日は、その分おかず作りに時間を少しかけられるようになります。本当に楽です。

具沢山にすると、楽に栄養も取れますし、わざわざ副菜で栄養を取ろう!などと考えずに済みますよ。

即席スープを活用するのも良いと思います。

コツ・工夫については、今のところ以上です・・・。

子どもが小さい共働き家庭の夕食づくり乗り切り術に関するまとめ

長くなってしまったので、最後にこの記事の内容をまとめさせていただきます

(1)平日5日分の献立を考える 

(2)買い物は、生協と週末のまとめ買いのみにする

(3)日曜日は手抜きをして、翌週の下準備をする(余裕があれば)

(4)朝や夜にある程度作っておく(余裕があれば)

(5)副菜は手抜きをするか、省略する

(6)おかずは温めるだけ、焼くだけの商品を活用する

(7)汁物は具沢山にし、2日分まとめて作る

以上です。

今回はあくまでも我が家ではこのようにしています・・・というお話でした。

まだまだ試行錯誤中の身でして、要領が悪い部分もあったかもしれませんが、すみません。今後も試行錯誤を続けたいと思います!

では、最後までおつきあい下さった方は、どうもありがとうございました・・・

時短を意識した、1週間献立の実例記事はこちらです。

こんな記事も書いています

★献立のパターン(我が家の場合)については、下記の記事にまとめています。パターンに従って献立を考えると、あまり悩まなくて済みます。

★超時短したい方向けの献立のパターンはこちらです。この記事が一番分かりやすいのでオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です